3学年保護者進路説明会 6月4日(月)

レオパレス21 学校法人営業部北海道・東北ブロックマネージャ  村田 博美 氏 ・ 古屋 あゆみ 氏 ・ 川岸 由香里 氏、
奨学金説明講師まなびシード  友田  寛 氏 をお迎えし、3学年の保護者を対象に、進路説明会を実施しました。
  
 

進路講話「自分を知る」【1学年】 5月31日(木)

1学年を対象に、自分を理解するための知識を得て、進路実現に必要な対応力を養うため、
北星学園大学 社会福祉学部福祉心理学科 准教授 真北 浩一 氏 を講師にお迎えし、
講話を実施しました。
  
        講話後の座談会には、心理学分野に関心のある多くの生徒が参加しました。

 
 

進路資料説明会【3学年】 5月30日(水)

今年度の進路資料が完成しました。それを活用して進路指導の充実を図るため、
3学年を対象に、進路指導説明会を行いました。
  
 

「医療分野についての講話」【1・2学年】 5月9日(水)

1・2年生を対象に、進路についての意欲と関心を高めるため、
日本医療大学保健医療学部 准教授 岸上 博俊 氏
札幌医科大学医学部フロンティア医学研究所 講師 亀倉 隆太 氏 をお迎えし、
医療分野についてお話を伺いました。
  
講話後の座談会には多数の生徒が参加し、更に詳しいお話を伺いました。
  
 

3年間の進路指導計画「H30岩東プラン」について

Q1:「H30岩東プラン」とは?

 本校が取り組む3年間の進路指導の内容及び各時期における生徒が達成すべき目標を明確に定めたものです。また、平成30年度高等学校入学生から対象となる「大学入学共通テスト」に対応した力を育成する計画も位置づけています。
 「大学入学共通テスト」には、これまでに導入されていなかった記述式の問題が出題されます。記述問題を導入するねらいは、思考力や判断力及び表現力について、どれくらい身についているかを把握することにあります。記述式の出題数は、多くありませんが、その他の大部分を占める選択問題も思考する場面が多く設定される予定です。
 本校では、生徒の力を引き出すため、学年ごとに目標を定めて取り組んでいます。

1学年 新テストに対応した基礎的な力の向上
2学年 新テストに対応した思考力・表現力の向上
3学年 新テストに対応した得点力の向上

北海道岩見沢東高等学校 3年間の指導計画「H30岩東プラン」.pdf

 

「岩東タイム」(G.Time)について

Q1:「岩東タイム」とは?

 教員との面談や自学自習、生徒会行事への活動などを含めた取組の時間をいいます。本校では、教育のねらいとして、生徒に身につけてほしい4つの力を設定しています。「岩東タイム」は、この力を育てる一つの取り組みになります。  

(1)主体的に取り組み、自己実現に向け努力する生徒
  (主体的な取り組みに自主性、自立性、積極性、発信力を含む)
(2)志高く学力の向上に努力する生徒
  (学力に基礎学力、記述力、思考力、読解力を含む)
(3)力強く生きる力の向上に努力する生徒
    (力強く生きる力にあきらめない力、たくましさ、へこたれない力、打たれ
  強い力を含む)
(4)協働して課題解決に向け努力する生徒
 (協働する力にリーダー性、コミュニケーション力、グローバルに活躍する
  力、社会性を含む) 


Q2:取り組む時間は?

 基本的な設定は、20分です。20分という短い時間を有効に使うためのスキル向上が求められます。講習等、その他の学習の取組の場合は、60分程度の設定となります。

Q3:取り組む内容は?

 以下の内容を計画的に取り組みます。その中で多くを占めるものが自学自習です。「その日暮らし」の取り組みではいけません。「自分の課題は何か」「この時間を使って伸ばしたい部分はどこか」を想定し計画的に取り組むことが求められます。
 (1)担任、教科、進路面談
 (2)講習
 (3)模試
 (4)進路講演会、大学説明会、進路講話、「学びみらいPASS」検査
 (5)進路講話・座談会・大学説明会等(放課後)
 (6)パッケージスタディ(PaS)
 (7)手帳面談(1学年)
 (8)基礎学力を向上する講習
 (9)自習、テスト対策自習
  (10)学校祭準備
  (11)宿泊研修準備
  (12)秋季体育大会・春季体育大会
  (13)合唱コンクール練習
  (14)1年間の振り返り感想

※年間の計画(予定を含む)は、平成30年度 「岩東タイム」(6校時後の取り組み)年間計画をご覧ください。

平成30年度「岩東タイム」年間計画 .pdf

 

「パッケージスタディ」(PaS)について

・「パッケージスタディ」(PaS)とは?
 9月から実施する講習(ハイレベル講習や基礎学力向上のための講習)と自習を組み合わせた学習をいいます。講習か自習に全員が取り組みます。時間は、60分間です(15:30-16:30)。年間で12回(3学年は9回)の設定です。ハイレベル講習は、国語、数学、英語に取り組みます。基礎学力向上のための講習は、設定された学年のみ実施します。予定は以下のとおりです。自分の課題を計画的に取り組むことが大切です。

①09月25日(火)15:30-16:30
②10月10日(水)15:30-16:30
③10月17日(水)15:30-16:30
④10月31日(水)15:30-16:30
⑤11月14日(水)15:30-16:30
⑥11月19日(月)15:30-16:30
⑦12月05日(水)15:30-16:30
⑧12月12日(水)15:30-16:30
⑨12月19日(水)15:30-16:30
⑩01月23日(水)15:30-16:30
⑪02月08日(金)15:30-16:30
⑫02月14日(木)15:30-16:30
 

「岩東キャリア教育」の取り組みについて

 本校では、生徒が自らの進路を明確に決定することができるよう進路説明会や外部講師による講話、座談会などさまざまな形式でキャリア教育を実践しています。LHRや「総合的な学習の時間」の他、放課後にも多く設定しました。以下は、平成29年度に実施したキャリア教育の一部です(※詳しくは、「平成29年度 岩東キャリア教育(説明会・講演会・講義)等実施一覧」をご覧ください)。

   7月14日(金) 平成29年度第1回進路講演会「大学での学びとは  -自分にあった大学・人生を選択するため
          に-」学校法人立命館大学理事補佐 立命館大学文学部教授 本郷 真紹 氏
   8月21日(月) 北海道教育大学志望生徒座談会 北海道教育大学札幌校・旭川校・釧路校 岩東OB
   8月30日(水) 大学進学者による座談会 北大総合理系、札幌医科大学医学部、弘前大学、北海道教育大学札幌校
          進学者 岩東OB
10月12日(木)   2017 京都大学高大連携事業 学びコーディネーターによる出前授業 京都大学大学院エネル
                               ギー科学研究科 博士後期課程1回生 
11月13日(月) 北海道大学 出前講義「熱って何?--ミクロとマクロの物理から」 北海道大学 統計物理学研究
                               室 教授    根本 幸児 氏
11月30日(木) 東京大学大学院新領域創成科学研究科出前講義「未来のロケット推進」 東京大学大学院新領域創
          成科学研究科 教授 小紫 公也 氏
    2月21日(水)   1・2学年「大学進学者による講話」 北海道大学、北海道教育大学旭川校・釧路校、國學院大
          學進学者 岩東OB

平成29年度 岩東キャリア教育(説明会・講義・座談会等)実施一覧.pdf

 

近年継続して掲げている3つの課題

学力差の大きな集団の指導
低学年次学力の向上と育成
勉強と部活動の両立