校訓

一、誠実にして行に表裏あるべからず
二、常に守るところあり喜んで規律に従うべし
三、他人を怙まず自力にて学修すべし
 

学校教育目標・経営方針

学校教育目標
1 生涯にわたって自ら学ぶことのできる知性豊かな人間の育成を図る
2 将来社会の先達となることのできる実践力豊かな人間の育成を図る
3 心身ともに健やかで、人のために尽くすことのできる情操豊かな人間の育成を図る


重点目標
  1 全学年を通して学力の一層の向上に努め、進路目標の全員達成を目指す。
  2 特別指導を通して自立的精神の一層の高揚に努め、個性の全面的開花を図る。
  3 心身の健康について自己管理能力を高め、校内外における奉仕活動を推進する。


経営方針
  1 学校の主役は生徒である。生徒と職員の信頼関係の構築に努める。
  2 教育活動の中心は「授業」である。学力の定着と学力を伸長する教育活動の一層の充実に努める。
  3 生徒には自律的生活態度を基盤として、志は高く自ら主体的に選択した進路の実現に向けて努力することの意義や理解の浸透に努める。
  4 情報の共有化をすすめ、学校の透明性を高め、保護者に対する説明責任を果たし、本校の教育活動への理解が深まるように努める。


教育課程編成の方針
  1 生徒の能力や適性等に即した特色ある教育課程の編成に努める。
  2 特別活動の充実を図り、社会のリーダーとなる能力や資質の育成に努める。
  3 学習指導要領の研修を継続して、大学進学を踏まえた教育課程の研究と改善に努める。


指導上の重点事項
 1 学習指導(授業の充実)
  (1)日々の授業の充実と改善に向けて、研修と評価を推進するとともに授業時数を確保する。
  (2)授業や講習及び模試などを関連づけて、大学入学試験に対応できる学力を育成する。
  (3)授業や部活動及び学校行事を通して、道徳観や倫理観など人としての在り方や生き方について指導を行う。
  (4)学習習慣を確立させ基礎基本の定着、学力の伸長を図り、他人をたのまず自力で学習に取り組む姿勢を養う。

 2 生徒指導
  (1)自律的生活態度を養い、守るべきことや学校全体で取り組む事項の周知を図り、偏りのない指導に努める。
  (2)保護者との連携は、電話や家庭訪問などによる直接会話に努める。
  (3)非社会的傾向や心の病、特に生命の安全に関わることについては、本校でも起こり得ることとして真摯に受け止め、早期発見と予防に努める。 

 3 進路指導
  (1)キャリア教育の視点を取り入れ、自己の将来像や生き方を視野に入れた進路選択に努める。
  (2)医進類型指定校を活かし、医学部を始め、難関大学の合格に向け、授業や講習及び模試などを関連づけ、進路説明会等の具体的な指導や支援を行う。
  (3)進学情報は、生徒や保護者及び学年や担任などに、理解しやすくすぐに使えるよう時宜を捉えて提供する。

4 健康安全指導
  (1)生命の安全と心身の健康の増進に努める。
  (2)学習環境の整備や美化運動の推進に努める。
 
5 職員に関する事項
  (1)時間外勤務の縮減を意識して、各自が心身の健康を増進するように努める。
  (2)研鑽に励み自らの資質向上に努めるとともに、服務規律の厳正な保持に努める。

 

クラス数・生徒数

 
1年
 2年 
3年
 計
 クラス数
 5
  5 
  5 
15
 男子
110
 114 
   98 
 322 
 女子
  91 
  86
   95 
 272 
 計
   201   200    193   594
 

校歌

岩東校歌.pdf 
(岩中校歌も含む)