緊急情報

非常災害・交通障害発生時の対応

 現在、緊急情報はありません。
 

カウンタ

COUNTER420231

お知らせ

平成30年度入学者選抜に関わる「学校裁量についての実施予定」を掲載します。

H30 入選公開データ 6月.pdf
 

日本学生支援機構予約奨学金について

  過年度卒業生で日本学生支援機構予約奨学金の申し込みを希望する者は、本校の日本学生支援機構予約奨学金担当者まで連絡し、ご相談ください。
 手続きに必要な書類を準備するのに時間がかかりますので、5月中に一度連絡するようにしてください。

日本学生支援機構進学後の奨学金(予約)については平成29年3月・28年3月卒業のみなさんへ.pdf
 

教育実習を希望される卒業生へ

            教育実習の受け入れについて

 本校での教育実習は、以下の要領で受け入れを行っています。実習を希望する方は、下記に基づいて、申し込みをしてください。


1 受け入れの対象者
 原則として次の項目をすべて満たすこと
 ・高校教員免許を取得予定であること
 ・高校教員への志が強いこと
 ・教育実習当該年度に教員採用試験を受けること
 ・本校卒業生であること


2 申し込みと面接
 (1) 教育実習を希望する前年度の4月から6月末日までに、教育実習担当教諭へ電話等で連絡をしてください。
 (2)  当該年度の教育実習が可能かを教科等で検討し、本校から7月中に電話で連絡をします。
 (3)  (2)の段階で可能の場合は、8月下旬に本校において面接を実施します。面接日は(2)の電話連絡時に伝えます。
 (4)  面接時には筆記用具を持参してください。本校所定の教育実習願いに記入をしてもらいます。また、この時、後日提出してもらう誓約書をお渡しします。
 (5)  面接後、受け入れの可否を教務部長から電話で連絡します(8月下旬~9月上旬)。


3 受け入れ確定後
 (1) 面接時にお渡しした誓約書に、必要事項を記入後、大学担当課に持参し、学長の職印をもらってください。
 (2)  (1)の誓約書と、大学から発行される教育実習依頼にかかわる文書を、本校に持参または郵送してください。郵送の場合、本人からの場合と大学からの場合があるので、大学の指示に従ってください。
 (3)  (2)の提出を受けて、本校校長から内諾書を発行し、大学または本人に郵送します。
 (4) その後やむを得ぬ事情(留年など)で教育実習ができなくなる場合は、速やかに本校へ連絡してください。


 4 実習期間と事前打ち合わせ
 (1)  実習期間は原則として2週間です。ただし実技教科(保健体育科など)で、大学の指定により高校教員免許取得に3週間を義務づけられている場合は、申し込み時に相談をしてください。
 (2) 実習は6月の第3週木曜日から第5週水曜日(第5週水がない年は、第2週木から第4週水)までの2週間で行う予定です。
 (3)  実習年度の5月末日までに、教育実習担当教諭に電話で連絡をください。実習に関する諸事項をお伝えします。また、その後、実習の指導教諭(教科およびホームルーム)にも連絡をとってください。特に教科の実習範囲を忘れずに確認してください。
 (4)  実習開始日の前日に、事前打ち合わせを行い、実習の要領や心構え等を説明します。  (3)の時に連絡する時刻に来校してください。
 (5)  実習時に使用する教科書・資料集等は、自己負担となります。なお、発注はこちらで行います。